絵画の魅力


日本文化と絵画のコラボレーション

古民家と絵画の魅力は、歴史や文化を大切にしたいと思わせる美しさ

 古民家カフェ、古民家レストラン、古民家ギャラリー。今、日本伝統の古民家が注目を集めています。

座って外を眺めているだけで、懐かしい気持ちに浸れる古民家と、絵画が醸し出す空間は心穏やかになります。

 日本の伝統的な構法で建てられた古民家は、骨組みとなる柱や梁などの木材、茅葺などの屋根、土壁や漆喰など、日本の風土や生活に根付いた自然素材でできています。そこには、様々な先人たちの知恵が生かされており、地産地消や再生可能などのエネルギー面から見ても、優れた住宅といえるでしょう。また、趣のある古材や風格のある外観、自然環境と調和した街並みなど、日本の伝統的な美しさという点も、古民家の大きな魅力です。


日本画

古く中国から伝えられ,長い歴史の中で形成された絵画。
平安時代に中国から伝わったいわゆる唐絵は、日本の自然風土に適合した絵画表現となり、
線の引き方、色の配合などに日本人の感覚を生かした繊細優美な画法が案出され、冊子や絵巻物を彩った。

伝統的な日本の画法を用いて描かれた日本画は、日本文化の発達とともに様々な発展を遂げてきました。
江戸時代の風俗を表した浮世絵、日本の四季の素晴らしさを花々と鳥達で表現した花鳥画。
日本画からは、日本人のその時代時代の風俗や心情が見てとれます。

                                     

JAPAN ART OF LIGHT/日本画襖絵をライトアップ

作品:伊東 正次