日本の文化芸術・伝統工芸技術を伝える
国際交流アートプロジェクト

 


日本との深い絆と関わりを持っている中国、数千年もの長い歴史と奥深い伝統文化を伝えています。
そして日本は、長い年月をかけ洗練され、 由緒ある素晴らしい伝統芸術の魅力をもたらします。

 

日本の伝統文化は千年以上前から継承されているものが多く、その多くは大陸から伝わってきた歴史があります。

 

機織、組紐、刺繍、彫金、書画など、伝統工芸の技術は主に仏教と共に伝わってきました。   

そして幾多の戦乱で文化の中心都市が焼失しても、その技術は絶えること無く受け継がれて今に伝わっています。  

この先人達が伝えてきた叡智の結晶とも言える美しく精緻な技術が、現在一つ、また一つ消えようとしています。  

 

私たちは、伝統文化を生業(なりわい)とする者として、この危機的状態を自分たちの手で、 

世界の伝統文化の素晴らしさや技術を守る必然性を国内外で発信し続けるのと同時に、 

後継者を育成し、真の国際人を養成するべく教育分野にも関わっていきます。

 

日本の文化芸術・伝統技術・日本の絵画を発展させるべく、新進アーティストたちと

海外地域(中国・ASEAN)へ向けて展開中。中国地域ギャラリーと絵画展示販売プロジェクトを企画しています。


国際交流アートプロジェクト

プロジェクト参加ご希望及び、ご意見などございましたらメッセージをお願いします。

メモ: * は入力必須項目です


協力:国際文化生活デザイン振興委員会準備室 / International Cultural Life Design Promotion Committee
後援: VR敦煌美術展実行委員会 / DUNHUANG ART WORKS

   株式会社アンビシャス